最新情報&お知らせ( 青:本会主催もしくは共催 赤:他会主催 黄:その他のお知らせ )

  • 京都高校社会科研究会部会春季総会・研究大会のお知らせ

    当会会員の川島啓一先生から、ご案内いただきました。日時:2017年6月17日(土)10:30~17:00 *午前中は総会 会場:京都市男女共同参画センター(ウィングス京都)セミナー室B(2F) テーマ:「今、授業法を考える-生徒が自主的に深く学ぶ授業をどう作っていけばいいのか-」 講演:溝上慎一「なぜチョーク&トークの授業法を変えなければならないか-全国のアクティブラーニング型授業の展開と評価-」 実践報告:川島啓一「講義パートとアクティブラーニングパートを組み合わせた高校世界史の授業実践-問いで始まり、資料を読み解く生徒の活動を通して-」、杉浦真理「働き方改革を生徒と議論し、未来の労働法制を考える」

  • 鎌倉遺文研究会第230回例会のお知らせ

    当会事務局の中村翼先生が報告されます。日時:2017年5月25日(木)18:00~ 会場:早稲田大学戸山キャンパス39号館6階第7会議室 報告:中村翼「中等教育における日本史用語精選の狙いと課題―新科目「日本史探究」を見据えて―」

  • 第206回近現代史教育研究会例会のお知らせ

    近現代史教育研究会の皆川みずゑ先生より、ご案内いただきました。日時:2017年6月17日(土)15:00~18:00 会場:青山学院高等部西校舎2階大会議室 報告:小林朗「『地主と小作人の言い分 あなたはどちらに賛成ですか?ー 新潟木崎争議』」

  • 第105回大阪歴史教育研究会例会のお知らせ

    日時:2017年5月20日(土)13:30~17:30 会場:大阪大学豊中キャンパス文学研究科本館2階大会議室 報告:中村薫「高等学校での歴史用語精選の経緯と方向性について」、高大連携歴教研第1部会WG「日本史用語の精選について」(宮崎亮太・松井秀行「高校の教育現場に向き合って」、中村翼「大学教育・専門研究との接続のために」)

  • 明治維新150周年記念シンポジウム「グローカル・ヒストリーの中の明治維新史研究-地域・国家・権力をめぐって-」のお知らせ

    当会会員の加藤僚先生より、ご案内いただきました。日時:2017年6月10日(土)13:00~17:00 会場:福岡大学中央図書館1階多目的ホール 詳細は公式サイトをご覧ください。

  • 第51回 愛知県世界史教育研究会のお知らせ

    愛知県世界史教育研究会事務局の磯谷正行先生より、ご案内いただきました。日時:2017年6月10日(土)13:00~17:00 会場:愛知大学豊橋校舎 6号館1階610教室 プログラム:実践発表会/講演会/懇親会で構成されています。事前申し込みが必要となりますので、ご注意ください。

  • シンポジウム「歴史教科書 いままでとこれからⅩⅢ」のお知らせ

    当会会長の油井大三郎先生より、ご案内いただきました。日時:2017年6月11日(日)13:00~17:00 会場:東京大学(本郷キャンパス)農学部1号館2F8番教室 資料代:800円 プログラム:①小学校 さし絵・図版等にみる教科書の変化と課題(前近代)/補足報告 小中学校の新学習指導要領(社会科)をめぐって/報告:歴史教育者協議会ワーキンググループ ②中学校 『学び舎教科書』の近現代分野の検討―記述の特徴と他社版記述との比較・検討/報告:東京歴史科学研究会ワーキンググループ ③高校 「歴史総合」新設の意味とカリキュラム案の検討―歴史的思考力の育成と世界史・日本史統合をめざして/報告:油井大三郎

  • 文部科学省指定研究開発に係る第1回運営指導委員会のお知らせ

    昨年度の大会にてお世話になりました神戸大学附属中学校の高木優先生より、ご案内いただきました。日時:2017年6月29日(土)9:55~ 会場:神戸大学附属中等教育学校 社会科教室 *午前中に公開授業、午後に運営指導委員会を開催します。参加には事前の申し込みが必要となりますのでご注意ください。

  • 東京都歴史教育者協議会/日本史・世界合同部会のお知らせ

    日時:2017年5月13日(土)18:30~ 会場:歴史教育者協議会本部5階会議室 報告者:丸浜昭氏「中学歴史資料集をもとにした第一次世界大戦学習の検討-地歴科教育法での学生の「問いづくり」のとりくみ-」

  • 会報第3号発行のお知らせ

    高大連携歴史教育研究会の会報第3号が刊行されました。詳細はこちらよりご確認ください。なお、閲覧に際してはパスワードの入力が求められます。事務局より連絡がありますので、入力の上ご味読ください。

  • 第104回大阪歴史教育研究会例会のお知らせ

    日時:2017年4月15日(土)13:30~17:30 会場:大阪大学豊中キャンパス文学研究科本館2階大会議室 報告者:桃木至朗氏「歴史教育・入試改革の動向と大阪大学歴史教育研究会2017年度活動方針」、矢部正明氏・中村翼氏小特集「歴教研にいま求められているもの」

  • 第67回日本西洋史学会大会のお知らせ

    日時:2017年5月20日(土)・21日(日) 会場:一橋大学国立西キャンパス 歴史教育に関わる報告としましては、大会2日目(5月21日)の小シンポジウム①「思考力育成型歴史教育への転換と大学入試改革をどう進めるか」が用意されています。詳しくはこちらからご確認ください。

  • 高大連携歴史教育研究会 会報編集委員会 企画研究会「日本橋女学館の歴史基礎」研究を振り返るのお知らせ

    当会の編集委員会の企画をご案内いたします。皆さまのご参加をお待ちしております。日時:11月27日(日)13:30~17:30 会場:成蹊中高等学校 *事前申し込みが必要です。

  • 「日本と世界が出会うまち・堺 2016」プロジェクトのお知らせ

    堺市博物館の赤澤明さんより、「日本と世界が出会うまち・堺 2016」プロジェクトのご案内をいただきました。本年は、16グループが参加を予定しており、盛りだくさんとなっておりますので、皆様ふるってお越しください。

  • 『社会科教育』2016年10月号に特集「アクティブ・ラーニングで評価はこう変わる」が掲載されています

    同特集には、竹田和夫先生の「【高校歴史】アクティブは反転学習から、評価はペア・班別総選挙で!」が掲載されています。雑誌の詳細はこちらよりご覧になれます。

  • 会報第3号へのご寄稿のお願い

    当会編集委員長の池上大祐先生より、ご寄稿のご案内がございます。詳細はこちらをご確認ください。なお、原稿締切は11月30日(水)までとなっております。皆様からの積極的なご寄稿をお待ちしております。

  • 第2回高大連携歴史教育研究会大会が開催されました

    神戸大学附属中等教育学校におきまして、当会大会を無事に開催することができました。会場校の勝山元照先生をはじめ、多くの会員の皆様からご協力を賜りまして、誠にありがとうございました。大会には165名(非会員スタッフおよび、マスコミ関係者を除く)、懇親会には73名と大変多くの方にご参加いただき、盛況を迎えることができました。総会での決議事項や、大会の写真等はおってホームページ上などにてご覧になれるようにいたします。

  • 「史料のちからがひらめきを生み出す」が掲載されました

    竹田和夫先生のアクティブラーニング授業が東京大学大学総合教育センターのサイト「マナビラボ(未来を育てるマナビラボ)」で掲載公開されました。こちらよりご覧になれます。

  • ホームページを開設しました

    工事中の部分もございますが、迅速かつ正確な情報発信に努めますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。