最新情報&お知らせ( 青:本会主催もしくは共催 赤:他会主催 黄:その他のお知らせ )

  • 高大連携歴史教育研究会第3回大会のお知らせ

    日時:7月29日(土)午前中:各部会・総会/13:30~17:30 全体テーマ「歴史的思考力の育成を可能にする教科書改革と用語精選をどう進めるか」でのシンポジウム 会場:東京外国語大学 案内チラシはこちらからダウンロードできます。広報にご活用ください。
    6/26追記 出欠確認を始めました。こちらから登録をお願いいたします。

  • 会報第4号発行のお知らせ

    高大連携歴史教育研究会の会報第4号が刊行されました。詳細はこちらよりご確認ください。なお、閲覧に際してはパスワードの入力が求められます。事務局より連絡がありますので、入力の上ご味読ください。

  • 京都高等学校社会科研究会 2017年度夏季学習会(ワークショップ)のお知らせ

    同志社高校の川島啓一先生より、ご案内いただきました。日時:2017年8月19日(土)13:00~17:00 会場:同志社高校桑志館1F(S109教室) 実践報告・ワークショップ・振り返り・質疑応答・意見交換で構成されています。*参加申し込みが必要です。

  • 第33回歴史学入門講座のお知らせ

    関西では、歴史系の大学院生(修士課程・博士前期)が中心となり、「歴史学入門講座」を毎年企画・運営しています。主に歴史学の分野で活躍する研究者の方をお招きして、これから歴史学を学ぼうとする人を対象に、歴史学のあり方や研究方法などについての講演をしていただくという催しです。日時:2017年7月30日(日)14:00~ 会場:大阪大学豊中キャンパス大阪大学会館・講堂 講演:若尾政希氏「歴史研究に何ができるか―『第4次 現代歴史学の成果と課題』を編みながら考えたこと―」(仮) 詳細はこちら(公式ウェブサイト)をご覧ください。

  • 平成29年度文部科学省研究開発学校『地理総合』『歴史総合』研究発表会のお知らせ

    神戸大学附属中等教育学校の高木優先生より、ご案内いただきました。日時:2017年10月30日(月)10:55~16:30 会場:神戸大学附属中等教育学校社会科教室及びKobeプロジェクトルーム プログラム:午前中に公開授業が2本、午後に授業研究会という構成です。詳細はこちらをご覧ください。*参加申し込みが必要です。

  • 公開シンポジウム「教育と学術の明日を考える」のお知らせ

    島根大学の丸橋充拓先生より、ご案内いただきました。日本学術会議第一部と島根大学の共催となります。日時:2017年7月30日(日)13:00~17:00 会場:島根大学大学ホール 報告:第1部「これからの教育を考える」梶茂樹氏/小玉重夫氏/:久保亨氏、第2部「人文・社会科学からの提言」三成美保氏 *各報告にはコメントがつきます。

  • シンポジウム「学校資料の未来~地域資料としての保存と活用~」お知らせ

    当会会員の風間洋先生(鎌倉学園高校)より、ご案内いただきました。日時:2017年8月6日(日)13:30~17:00 会場:横浜市歴史博物館講堂 報告:嶋田典人氏「公文書管理・公文書館と学校アーカイブズ(仮)」、羽毛田智幸氏「「学校文化財がつなぐ学校・地域・博物館(仮)」、神田基成氏「台湾に残る日本統治時代の学校資料」 また、風間先生からはもう一件、平成29年度全国高等学校社会科研究発表大会(8/7~8/8開催)に関する案内もいただいております。詳細は大会サイトをご覧ください。

  • 第13回静岡歴史教育研究会のお知らせ

    静岡歴史教育研究会の岩井淳先生(当会第5部会会長)より、ご案内いただきました。日時:2017年8月10日(木)14:00~18:00 会場:静岡大学人文A棟6F大会議室 テーマ:歴史教育と近現代史―戦争とナショナリズムの学び方・教え方― 報告:山田朗氏「第二次世界大戦の捉え方―日本の戦争をわかりやすく教えるために―」、江田憲治氏「「抵抗」のナショナリズムと「大国」のナショナリズム」

  • 第106回大阪大学歴史教育研究会のお知らせ

    日時:2017年7月15日(土)13:30~17:30 会場:大阪大学豊中キャンパス文学研究科本館2階大会議室  『わかる・身につく 歴史学の学び方』(大月書店、2016年)合評会

  • 第48回世界史研究大会のお知らせ

    当会編集副委員長の吉嶺茂樹先生生から、ご案内いただきました。日時:2017年8月4日(金)9:30~16:30(開場:9:00/総会:9:30~/講演など:10:00~16:30) 会場:札幌市教育文化会館研修室403 講演:小松久男氏「イスラーム世界と日本-イブラヒムの活動から考える」、油井大三郞氏「実施可能な歴史総合カリキュラム案の検討」 *事前申し込み推奨です。

  • 歴史教育者協議会/東京 日本史・世界合同部会のお知らせ

    当会会員の笹川和則先生から、ご案内いただきました。日時:2017年7月15日(土)18:30~ 会場:歴史教育者協議会本部5階会議室 報告:笹川和則「冷戦終結後の世界と日本をどう扱うか」

  • 日本史サマーセミナー(主題:「日本近現代史をどう教えるか」)のお知らせ

    当会会員の澤野理先生から、ご案内いただきました。2017年8月21日(月)~8月23日(水)までの3日間の開催を予定しており、会場は神奈川県立柏陽高等学校となります。詳細はこちらをご覧ください。

  • 社会科部会歴史分科会高大連携講座 ~「近世のヨーロッパをどのように学ぶか」のお知らせ

    当会会員の澤野理先生から、ご案内いただきました。2017年7月31日(月)~8月2日(水)までの3日間の開催を予定しており、会場は横浜市立横浜商業高等学校となります。詳細はこちらをご覧ください。

  • 第52回愛知県世界史教育研究会のお知らせ

    当会副会長の磯谷正行先生から、ご案内いただきました。日時:2017年7月2日(日)13:00~17:00 会場:愛知大学名古屋校舎(笹島キャンパス)講義棟3階L305教室 実践報告:西尾果歩「新聞記事を利用した世界史A考査問題について~『わが闘争』出版の是非から考える~」、黒柳昌宏「私の日本史授業づくり~楽しくわかる授業を目指して~」、小島孝太「歴史的思考力とその評価方法~高大連携歴史教育研究会第1部会の活動報告~」、加藤健司「愛知から見える世界史~地域・日本・世界をつなぐ~」 講演:丹羽宇一郎「混迷する世界情勢と日中関係のゆく行え方」

  • 京都高校社会科研究会部会春季総会・研究大会のお知らせ

    当会会員の川島啓一先生から、ご案内いただきました。日時:2017年6月17日(土)10:30~17:00 *午前中は総会 会場:京都市男女共同参画センター(ウィングス京都)セミナー室B(2F) テーマ:「今、授業法を考える-生徒が自主的に深く学ぶ授業をどう作っていけばいいのか-」 講演:溝上慎一「なぜチョーク&トークの授業法を変えなければならないか-全国のアクティブラーニング型授業の展開と評価-」 実践報告:川島啓一「講義パートとアクティブラーニングパートを組み合わせた高校世界史の授業実践-問いで始まり、資料を読み解く生徒の活動を通して-」、杉浦真理「働き方改革を生徒と議論し、未来の労働法制を考える」

  • 鎌倉遺文研究会第230回例会のお知らせ

    当会事務局の中村翼先生が報告されます。日時:2017年5月25日(木)18:00~ 会場:早稲田大学戸山キャンパス39号館6階第7会議室 報告:中村翼「中等教育における日本史用語精選の狙いと課題―新科目「日本史探究」を見据えて―」

  • 第206回近現代史教育研究会例会のお知らせ

    近現代史教育研究会の皆川みずゑ先生より、ご案内いただきました。日時:2017年6月17日(土)15:00~18:00 会場:青山学院高等部西校舎2階大会議室 報告:小林朗「『地主と小作人の言い分 あなたはどちらに賛成ですか?ー 新潟木崎争議』」

  • 第105回大阪大学歴史教育研究会例会のお知らせ

    日時:2017年5月20日(土)13:30~17:30 会場:大阪大学豊中キャンパス文学研究科本館2階大会議室 報告:中村薫「高等学校での歴史用語精選の経緯と方向性について」、高大連携歴教研第1部会WG「日本史用語の精選について」(宮崎亮太・松井秀行「高校の教育現場に向き合って」、中村翼「大学教育・専門研究との接続のために」)

  • 明治維新150周年記念シンポジウム「グローカル・ヒストリーの中の明治維新史研究-地域・国家・権力をめぐって-」のお知らせ

    当会会員の加藤僚先生より、ご案内いただきました。日時:2017年6月10日(土)13:00~17:00 会場:福岡大学中央図書館1階多目的ホール 詳細は公式サイトをご覧ください。

  • 第51回 愛知県世界史教育研究会のお知らせ

    愛知県世界史教育研究会事務局の磯谷正行先生より、ご案内いただきました。日時:2017年6月10日(土)13:00~17:00 会場:愛知大学豊橋校舎 6号館1階610教室 プログラム:実践発表会/講演会/懇親会で構成されています。事前申し込みが必要となりますので、ご注意ください。

  • シンポジウム「歴史教科書 いままでとこれからⅩⅢ」のお知らせ

    当会会長の油井大三郎先生より、ご案内いただきました。日時:2017年6月11日(日)13:00~17:00 会場:東京大学(本郷キャンパス)農学部1号館2F8番教室 資料代:800円 プログラム:①小学校 さし絵・図版等にみる教科書の変化と課題(前近代)/補足報告 小中学校の新学習指導要領(社会科)をめぐって/報告:歴史教育者協議会ワーキンググループ ②中学校 『学び舎教科書』の近現代分野の検討―記述の特徴と他社版記述との比較・検討/報告:東京歴史科学研究会ワーキンググループ ③高校 「歴史総合」新設の意味とカリキュラム案の検討―歴史的思考力の育成と世界史・日本史統合をめざして/報告:油井大三郎

  • 文部科学省指定研究開発に係る第1回運営指導委員会のお知らせ

    昨年度の大会にてお世話になりました神戸大学附属中学校の高木優先生より、ご案内いただきました。日時:2017年6月29日(土)9:55~ 会場:神戸大学附属中等教育学校 社会科教室 *午前中に公開授業、午後に運営指導委員会を開催します。参加には事前の申し込みが必要となりますのでご注意ください。

  • 東京都歴史教育者協議会/日本史・世界合同部会のお知らせ

    日時:2017年5月13日(土)18:30~ 会場:歴史教育者協議会本部5階会議室 報告者:丸浜昭氏「中学歴史資料集をもとにした第一次世界大戦学習の検討-地歴科教育法での学生の「問いづくり」のとりくみ-」

  • 『社会科教育』2016年10月号に特集「アクティブ・ラーニングで評価はこう変わる」が掲載されています

    同特集には、竹田和夫先生の「【高校歴史】アクティブは反転学習から、評価はペア・班別総選挙で!」が掲載されています。雑誌の詳細はこちらよりご覧になれます。

  • 「史料のちからがひらめきを生み出す」が掲載されました

    竹田和夫先生のアクティブラーニング授業が東京大学大学総合教育センターのサイト「マナビラボ(未来を育てるマナビラボ)」で掲載公開されました。こちらよりご覧になれます。