最新情報&お知らせ( 青:本会主催もしくは共催 赤:他会主催 黄:その他のお知らせ )

  • 東京都歴史教育者協議会/日本史・世界合同部会のお知らせ

    日時:2017年5月13日(土)18:30~ 会場:歴史教育者協議会本部5階会議室 報告者:丸浜昭氏「中学歴史資料集をもとにした第一次世界大戦学習の検討-地歴科教育法での学生の「問いづくり」のとりくみ-」

  • 会報第3号発行のお知らせ

    高大連携歴史教育研究会の会報第3号が刊行されました。詳細はこちらよりご確認ください。なお、閲覧に際してはパスワードの入力が求められます。事務局より連絡がありますので、入力の上ご味読ください。

  • 第104回大阪歴史教育研究会例会のお知らせ

    日時:2017年4月15日(土)13:30~17:30 会場:大阪大学豊中キャンパス文学研究科本館2階大会議室 報告者:桃木至朗氏「歴史教育・入試改革の動向と大阪大学歴史教育研究会2017年度活動方針」、矢部正明氏・中村翼氏小特集「歴教研にいま求められているもの」

  • 第67回日本西洋史学会大会のお知らせ

    日時:2017年5月20日(土)・21日(日) 会場:一橋大学国立西キャンパス 歴史教育に関わる報告としましては、大会2日目(5月21日)の小シンポジウム①「思考力育成型歴史教育への転換と大学入試改革をどう進めるか」が用意されています。詳しくはこちらからご確認ください。

  • シンポジウム「歴史教育の未来をひらくⅡ-知識の精選と歴史的思考力」のお知らせ

    日時:2017年3月20日(月・祝)12:30~17:30(12:00受付開始) 会場:日本大学文理学部図書館3階オーバルホール(東京都世田谷区桜上水3-25-40、京王線下高井戸または桜上水下車8分) 報告:小島孝太氏「歴史的思考力とその評価方法について」、中村薫氏「世界史B・日本史Bの用語選定案について」、梅津正美氏「社会研究(Social Studies)のための歴史教育」、川島啓一氏「高大連携歴史教育研究会・教材共有サイトについて」、渡辺哲郎氏「高校日本史の授業をアクティブ・ラーニングにできるのか」、小浜正子氏「ジェンダー視点のある歴史教育とは何か」、コメント:赤間幸人氏・小野雅章氏

  • 日本学術振興会グローバル展開プログラム「国民国家型の大学歴史教育をグローバル化時代に適応させる方法に関する国際比較」研究会:東アジアにおける大学歴史教育の比較のお知らせ

    日時:2017年3月25日(土)13:00~18:00 会場:大阪大学豊中キャンパス待兼山会館2階会議室 報告者:桃木至朗氏(大阪大学)、楊彪氏(中国・華東師範大学)、キムミンギュ氏(韓国・東北アジア歴史財団)

  • 東京歴史教育者協議会/日本史・世界合同部会のお知らせ

    都立清瀬高校の笹川和則先生より、ご案内いただきました。日時:2017年3月18日(土)18:30~ 会場:歴史教育者協議会本部 5階会議室 報告:山田耕太氏「生徒が歴史教科書「で/を」考える授業―Obamaは何しに広島へ?―」

  • 第103回大阪歴史教育研究会例会のお知らせ

    日時:2017年3月18日(土)13:30~17:30 会場:大阪大学豊中キャンパス文学研究科本館2階大会議室 プログラム:『新しく学ぶ西洋の歴史-アジアから考える』合評会 評者:森本慶太氏・冨田暁氏・久保田裕次氏

  • 2016年度京都高等学校社会科研究会部会総会のお知らせ

    川島啓一先生より、ご案内をいただきました。日時:2017年3月18日(土)10:00~17:00 会場:職員会館「かもがわ」 講演:西谷文和氏「テロとの戦いを疑え。紛争地からの最新情報!」、退職記念講演:後藤誠司氏「京都高社研の20年をふりかえって」、実践報告:井出教子氏と同志社高校生徒のみなさん:「難民問題にどう取り組むか~生徒と考えた「SiriSiri」プロジェクトの一年間~」、合同部会:センター試験分析(世界史:毛戸祐司氏・日本史:川西寿弥氏・地理:徳安浩明氏・公民:高田敏尚氏) 事前申込みは3月17日(金)までです。ご注意ください。

  • 第205回近現代史教育研究会例会のお知らせ

    皆川みずゑ先生より、ご案内をいただきました。日時:2017年4月15日(土)15:00~18:00 会場:青山学院高等部西校舎2階大会議室 報告:大久保厚氏「生徒・学生の歴史観をいかに育てるか」 参加費:500円(資料代・郵送費など)

  • 高大連携歴史教育研究会 会報編集委員会 企画研究会「日本橋女学館の歴史基礎」研究を振り返るのお知らせ

    当会の編集委員会の企画をご案内いたします。皆さまのご参加をお待ちしております。日時:11月27日(日)13:30~17:30 会場:成蹊中高等学校 *事前申し込みが必要です。

  • 「日本と世界が出会うまち・堺 2016」プロジェクトのお知らせ

    堺市博物館の赤澤明さんより、「日本と世界が出会うまち・堺 2016」プロジェクトのご案内をいただきました。本年は、16グループが参加を予定しており、盛りだくさんとなっておりますので、皆様ふるってお越しください。

  • 『社会科教育』2016年10月号に特集「アクティブ・ラーニングで評価はこう変わる」が掲載されています

    同特集には、竹田和夫先生の「【高校歴史】アクティブは反転学習から、評価はペア・班別総選挙で!」が掲載されています。雑誌の詳細はこちらよりご覧になれます。

  • 会報第3号へのご寄稿のお願い

    当会編集委員長の池上大祐先生より、ご寄稿のご案内がございます。詳細はこちらをご確認ください。なお、原稿締切は11月30日(水)までとなっております。皆様からの積極的なご寄稿をお待ちしております。

  • 第2回高大連携歴史教育研究会大会が開催されました

    神戸大学附属中等教育学校におきまして、当会大会を無事に開催することができました。会場校の勝山元照先生をはじめ、多くの会員の皆様からご協力を賜りまして、誠にありがとうございました。大会には165名(非会員スタッフおよび、マスコミ関係者を除く)、懇親会には73名と大変多くの方にご参加いただき、盛況を迎えることができました。総会での決議事項や、大会の写真等はおってホームページ上などにてご覧になれるようにいたします。

  • 「史料のちからがひらめきを生み出す」が掲載されました

    竹田和夫先生のアクティブラーニング授業が東京大学大学総合教育センターのサイト「マナビラボ(未来を育てるマナビラボ)」で掲載公開されました。こちらよりご覧になれます。

  • ホームページを開設しました

    工事中の部分もございますが、迅速かつ正確な情報発信に努めますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。