最新情報&お知らせ

京都高等学校社会科研究会部会総会
  • テーマ:地理・歴史の新科目にどう向き合うか
  • 期日:2019年3月17日(日) 10:00~17:00
  • 場所:同志社高校恵潤館3階
  • タイムテーブル
  • 午前:実践報告
    後藤誠司(京都工学院高校)「夏季学習会での甲斐義弘先生の報告をうけておこなった質問づくりの授業」・川西宏和(京都産業大学付属高校)「誰でもできる学校周辺の地域調査~地図と景観から探究する身近な地域の歴史地理~」・佐々木じろう先生(龍谷大学付属平安高校)「甲子園はいつもそこにある・幻の甲子園~当事者性と身近なモノの教材化~」
    午後①:合同部会 センター試験および試行テスト分析
    世界史:毛戸祐司(京都府立莵道高校)・日本史:川西寿弥先生(京都府立嵯峨野高校)・地理:徳安浩明先生(洛星高校)・公民:高田敏尚先生(京都教育大附属高校)
    午後②:シンポジウム「地理・歴史の新科目にどう向き合うか」
    講演:児玉祥一(同志社大学)「社会科・地理歴史に求められる学力」、コメント:中村顕(京都市立堀川高校)「「地理総合」の特徴とその授業例」・後藤誠司(京都工学院高校)「「歴史総合」の特徴とその授業例」
  • 申込み先:h.shoji@js.doshisha.ac.jp(京都高等学校社会科研究会事務局 庄司春子宛・@を半角にしてお送りください)
    事前申込みは3月16日(土)までです。