最新情報&お知らせ

高大連携歴史教育研究会 会報編集委員会 企画研究会「日本橋女学館の歴史基礎」研究を振り返る

日本橋女学館中高等学校は、平成23年度~25年度にかけて、文部科学省の研究指定を受け、必修科目「世界史A」に代わって「歴史基礎」科目の実践を行いました。この研究成果は様々な形で報告され、日本学術会議の提言などへも活用されましたが、残念ながらその実践の全体像を広く知ることができない状態です。そこでこのたび、会報編集委員会では、会報第三号への「小特集」を組むに当たり、研究を中心になって進められた厚海啓子先生をお招きし、日本橋女学館の「歴史基礎」研究を振り返る企画を行うことにしました。すでに「歴史総合(仮称)」科目の設置について中央教育審議会のこれまでの議論を総括する「中間まとめ」が公開され、年末には答申が報告されようとする現在、当研究会として、もう一度「歴史基礎」科目の実践を振り返ることは意味があることと考えます。

参加には事前申し込みが必要です。参加申し込みはこちらからお願いいたします。

  • 期日:2016年11月27日(日) 13:30~17:30
  • 会場:成蹊中高等学校(〒180-8633 東京都武蔵野市吉祥寺北町3-10-13)
  • お話し:厚海啓子氏(日本橋女学館中高等学校教諭)
  • 聞き手:吉嶺茂樹氏(北海道有朋高等学校通信制課程/当会会報編集委員会副編集長)
  • 参加費:無料 報告終了後に懇親会も予定しております。
  • 連絡先:成蹊中高等学校 日高智彦 E-mail:t.hidaka@th.seikei.ac.jp
    吉嶺茂樹 yosimine-shigeki@hokkaido-c.ed.jp
    ※いずれも「@」を半角にしてお送りください。 開催要項は(こちら(pdfpdfアイコン)からも確認できます)