最新情報&お知らせ

第205回近現代史教育研究会例会

案内はこちら(pdfpdfアイコン)からダウンロードできます)

  • 日時:2017年4月15日(土)15:00~18:00
  • 会場:青山学院高等部西校舎2階大会議室
  • 参加費:500円(資料代・郵送費など)
  • 報告者:大久保厚(戦後世界史市民ネット事務局長)
  • テーマ:「生徒・学生の歴史観をいかに育てるか」

○報告要旨
「戦後世界史市民ネット」は、2014年11月、戦後70年を前にして憲法第9条の改正問題、安保法制問題などをめぐって、日本社会が果たして最も賢明な選択をなしうるか否かの最終責任は日本の市民自身が負うべきとの視点から、『「戦後世界史と日本」という教養科目を全大学に!』を掲げて結成された市民団体です。昨年4月、大学生を対象に歴史認識と歴史知識に関する包括的な現状の到達点を把握するために同様な問題意識をもつ全国13大学の教員の協力を得て「アンケート調査」を実施し、6月に調査結果を記者会見で発表し、10月に「20世紀の世界史と日本史の学習と理解に関する調査報告書」を発行しました。今回、この調査結果をもとに、大学における教養教育と歴史教育に関する提案を報告するととともに高校と大学を連携する歴史教育のあり方も提示、意見交換したいと思います。また本年4月に継続してアンケート調査を計画しており、本年度の調査コンセプトと調査票を紹介する予定です。(大久保)
○参考文献
『歴史評論』781号(2015年5月号)「特集:高校世界史から市民の世界史へ」
「20世紀の世界史と日本史の学習と理解に関する調査報告書」
*参考文献についてはこちらをご覧ください。
○連絡先(「高大連携歴史教育研究会」ではなく、下記までお願い致します。)
〒150-0012 東京都渋谷区広尾3−7−16 東京女学館中学高校社会科 許 暁静(もと あきしず)a.moto◎tjk.jp〔@を◎に変更しています〕 電話:03-3400-0867