最新情報&お知らせ

東京歴史教育者協議会/日本史・世界合同部会

東京歴教協では、新科目「歴史総合」を見すえて、しばらくの間、日本史部会と世界部会を合同で開催するとのことです。今後の取り組みも含め、日本史・世界史の対話が深まる有意義な会になろうかと思われます。ご関心をお持ちの方は、ふるってご参加下さい。

《東京歴教協世界部会・例会》

  • 日時:2017年3月18日(土)18:30~
  • 場所:歴史教育者協議会本部 5階会議室〈会場費として200円集めます〉
    *東京メトロ丸の内線新大塚駅より徒歩3分・JR山手線大塚駅より徒歩15分
  • 報告者:山田耕太氏(筑波大学附属駒場中・高等学校)
  • テーマ:「生徒が歴史教科書「で/を」考える授業―Obamaは何しに広島へ?―」
    「主たる教材」である教科書をいかに使うか。授業者や生徒によってさまざま考えられる。ここ4年ほど、高2日本史A(必修)でグループ学習を通じて生徒自身が教科書叙述を検討するという実践を試みている。今回は、「オバマ前米大統領の広島訪問を教科書に載せるか否か」という共通テーマを設定して行った授業実践の報告をする。甚だ拙い授業実践ではあるが、教科書「を/で」教える、に留まらず、教科書を材料に生徒たちが歴史的思考力を養っていくにはどのような授業が考えられるかを議論できれば、と考える。また、「歴史総合」において、核の問題をどう扱うかも併せて議論したい。