最新情報&お知らせ

明治維新150周年記念シンポジウム「グローカル・ヒストリーの中の明治維新史研究-地域・国家・権力をめぐって-」
  • 期日:2017年6月10日(土)10:00~
  • 場所:福岡大学中央図書館1階多目的ホール
  • プログラム
     10:00~10:10 趣旨説明
     10:10~10:40 倉嶋修司「明治維新期以降鹿児島県資産家に関する基礎研究」
     10:40~11:10 堤啓次郎:「佐賀県の明治維新-県の成立・士族反乱・民権運動―」
     11:10~11:40 山本進:「19世紀東アジア諸国における『国民経済』形成の可能性」
     11:40~12:00 質疑応答
     12:00~13:00 運営委員会、昼食休憩
     13:00~13:30 日比野利信:「「旧藩史観」再考」
     13:30~14:00 本間雄治:「筑後川下流の近代舟運について」
     14:00~14:30 道迫真吾:「幕末長州藩の技術史的研究とその課題-政治史との統合へ向けて‐」
     14:30~14:40 質疑応答
     14:40~14:50 休憩
     14:50~15:20 山口亮介:「明治初期の司法制度形成過程-裁判・法概念との関わりから―」
     15:20~15:50 土居智典:「清朝末期の省財政について」
     15:50~16:20 伊藤昭弘:「幕末期佐賀藩の藩財政―『名君』直正と『暗愚』斉直の実相―」
     16:20~17:00 質疑応答
     17:00~17:20 休憩
     17:20~17:40 森丈夫コメント:「アメリカ史から見る明治維新」
     17:40~18:40 全体討論、総括
     19:00~ 懇親会:フォレスト(会費:3000円)