最新情報&お知らせ

京都高等学校社会科研究会春季総会・研究大会

京都高等学校社会科研究会の川島啓一先生(同志社高等学校)よりご案内をいただきました。テーマはアクティブラーニング。講演・実践報告とも豪華なラインナップになっております。

開催要項(より詳細な案内はこちら(pdfpdfアイコン)からダウンロードできます)
*参加には事前の申込が必要です。申込方法についてもこのpdfファイルでご確認ください。

  • テーマ:「今、授業法を考える-生徒が自主的に深く学ぶ授業をどう作っていけばいいのか-」
  • 期日:2017年6月17日(土) 10:30~17:00 *午前中は総会となります
  • 場所:京都市男女共同参画センター(ウィングス京都)セミナー室B(2F)
  • プログラム
  •  13:00-15:00 実践報告・質疑応答
     川島啓一氏(同志社高校)「講義パートとアクティブラーニングパートを組み合わせた高校世界史の授業実践-問いで始まり、資料を読み解く生徒の活動を通して-」
     杉浦真理氏(立命館宇治高校)「働き方改革を生徒と議論し、未来の労働法制を考える」
     15:00-17:00 講演会
     溝上慎一氏(京都大学)「なぜチョーク&トークの授業法を変えなければならないか-全国のアクティブラーニング型授業の展開と評価-」