最新情報&お知らせ

日本学術振興会グローバル展開プログラム「国民国家型の大学歴史教育をグローバル化時代に適応させる方法に関する国際比較」第3回研究会

中国・韓国・アメリカなどから研究者を招いて行った2回のワークショップを受けて、今回はシンガポールとベトナムの学者、それに日本の地方大学の教員を招いて、大学歴史教育の内容・方法の改善に関する討論を続行したい。東南アジアの2国からの学者は、所属大学の性格だけでなく「一国史観」についても、対照的な位置にある。日本国内でも地方大学の教育条件は大阪大学と大きく違っている。今回はこうしたコントラストに着目して、歴史教育に関する多様なアプローチについて議論したい。

  • 期日:2017年12月10日(日) 10時~17時
  • 会場:大阪大学豊中キャンパス(文学研究科2F大会議室)
  • 10:00-10:20 開会挨拶・趣旨説明 Keynote Speech 堤一昭Kazuaki Tsutsumi(大阪大学文学研究科Graduate School of Letters, Osaka Univ.)
  • 10:20-12:30 南洋理工大における歴史:コンテクスト、カリキュラムと発展History @ NTU: Context, Curriculum, and Development, Liu Hong, Els van Dongen and Hallam Stevens (History Programme, Nanyang Technological University)
  • 12:30-14:00 昼食Lunch
  • 14:00-14:30 ベトナムの歴史教育改革 The Reform of History Education in Vietnam Pham Quang Minh (University of Social and Human Sciences, Vietnam National University)
  • 14:30-15:00 歴史学と歴史教育の垣根を越えて:静岡大学の場合 Beyond the Divisions between History and History Education: The Case of Shizuoka University 岩井淳Iwai Jun(静岡大学Shizuoka University)
  • 15:30-17:00 総合討論 Discussion