委員会・部会について

地域別・教科別研究会連絡委員会

 地域別・教科別研究会の現状交流を目的とした地域別・教科別研究会連絡委員会には、以下の7つの研究会を中心に、オブザーバーを含めた多くの方が参加した。7つの研究会とは、世界史教育研究会(新潟県)、宮城県高等学校社会科教育研究会歴史部会、大阪大学歴史教育研究会、高等学校歴史教育研究会、茨城大地域研究会、静岡歴史教育研究会、京都高等学校社会科研究会であり、いずれも連絡委員の派遣を決定している。
 連絡委員会は、岩井淳の司会のもとで進行した。最初に七つの研究会の代表が、①研究会の活動開始時期、②研究会の構成員、②活動内容、③高大連携歴史教育研究会に望むことなどについて話した。
 その後、七つの研究会の代表が別室に移り、各研究会の互選という形を取って、委員長と副委員長を選出した。前者には高等学校歴史教育研究会の代表の油井大三郎が、後者には京都高等学校社会科研究会の川島啓一が選ばれた。
 今後、地域別・教科別研究会連絡委員会には、各地域・各教科別に多くの研究会が参加することが見込まれ、その経験交流を主な課題とすることが期待される。